あなたの辞めたい理由は?

あなたの辞めたい理由は?

給料が低い?ダメ上司?激務?

ITの仕事を辞めたい理由

好きではじめたはずの仕事でも、もう辞めてしまいたいなって思う瞬間って誰にでもありますよね。せっかく入ったIT業界の仕事を辞めるべきか残るべきか迷ったとき、他の人はどうなのかなって気になることがあると思います。ここでは、IT業界を辞めたいと思う理由として多く見られるものを3つご紹介していきます。

給料が低すぎて辞めたい

業務内容が少々大変でもそれに見合った給料をもらえていれば頑張ろうという気になるかもしれません。ですが、IT業界の専門職種は高い専門知識と技術を必要とするものばかり。にもかかわらず、時給換算でアルバイト以下の給料だとしたら、誰だってイヤになってしまいますよね。頑張り続けていればいつか給料が上がるという保証も見込みもなく、目の前にある仕事を片付けるために体力と気力をただ消耗する日々が続けば、別の生き方を考えたくなるのも当然のこと。そう考えてIT業界を去っていった人は大勢います。

上司がダメすぎて辞めたい

仕事にやりがいを感じられるかどうかって、会社の質以前に上司の質にもよりますよね。上司が上司としての機能を失っているような職場はストレス度MAX。IT業界に限った話ではないにせよ、専門性の高さが求められる現場の上司に専門性がないとなるともう致命的です。マネジメント能力がない上司が組んだめちゃくちゃなスケジュールに振り回される現場なんて、想像しただけでイヤになりますよね。出世と能力が比例しない場合があるのはどこの業界にもあることとはいえ、仕事のできない人が出世し、できる人はどんどん去っていくような職場に未来はありません。なにもできない上司の給料が自分より上なんてやってられない!と思って辞める人がいるのもうなずけます。

激務すぎて辞めたい

IT業界の仕事をよく知らない人でも忙しそうな業界だなという印象は持っていると思います。やってもやっても終わる気がしない仕事に追われまくる職場は、納期が近ければ徹夜で作業なんてことも日常茶飯事…。普通の会社ならありえないような労働環境が、ごく普通にあるのがIT業界の現状であることは確かです。元請け企業ならまだしも、下請けから孫請けへと仕事が流れていけばいくほど状況は悪化。やらなければ他に仕事を取られてしまうだけなので、弱い立場になればなるほど頼まれたらやるしかない状況に追い込まれるというわけです。いくら好きで選んだ仕事でも、休憩はおろか休みそのものが取れないような生活が続けば、誰だってイヤになってしまいますよね。激務覚悟の上で入ったはずの業界が想像していた以上に激務だったと知って辞める人は少なくありません。

IT業界を辞めたいと思ったあなたにおすすめ!